渋草焼とは

創業は1841年(天保12年)

一言で言うと、飛騨高山で江戸末期から続いている手造り、手描きの焼き物(陶器、磁器)です。

創業は1841年(天保12年)、当時の飛騨高山は江戸幕府の直轄地(天領)でした。
その時の高山陣屋飛騨群代「豊田藤之進」が、地元に新たな産業の発展を目指し、陶器の生産を御用商人にさせ、現在の陶房所在地『渋草』という地名の所に半官半民の陶磁器製造所を開窯させたのが始まりです。

開窯にあたっては、尾張瀬戸、加賀九谷という本場から職人を招き、(戸田柳造、小林伊兵衛、川上斉助、曽我竹山、富士造、周山、等)飛騨から出る粘土を原料に、陶器の製作から始まりました。

のちに江戸幕府崩壊の影響を受けましたが明治十一年、高山の名家事業家の「三輪源次郎」が主となり、有志によって経営が引き継がれ、明治政府『後藤象二郎、伯爵』、『勝海舟、伯爵』、『山岡鉄舟』の関わりのもと【芳国社(舎)】と命名され、現在に至っております。

昔ながらの手造り、手描き製法
昔ながらの手造り、手描き製法

弊社の作品は、代々職人の技として引き継がれ、作家名ではなく、【芳国社(舎)】としてパリ万国博覧会銅賞、日英博覧会銅賞、をはじめ各国の万国博、国内共進会に出品し、数多くの功績を残しております。

九谷、有田、京都、瀬戸、美濃、の手法を学び、現在は深みのある白い膚の「磁器」で独特な渋草調を生み出し、染付、赤絵、青磁、白磁等、製品は多岐にわたり、昔ながらの手造り手描きにより伝統技術を保持し、制作しております。

Copyright c HOUKOKUSHA.CO.JP All rights reserved.

芳国舎の陶器、焼き物は職人一同妥協を許さず、ひとつひとつ心をこめて造っております。
陶磁器や贈答品としても大変喜ばれると思います。通販も行っておりますので、是非ご活用下さい。